こんにちは。

2018年4月9日 白川郷 平瀬温泉エリアにございます旧遠山家民俗館です。
当館からも車で2~3分 館内の見学ができます。

4層建ての、和田家と並ぶ白川郷の代表的な切妻合掌造り家屋。衣食住に関する資料が展示公開されています

概要

旧遠山家のこの家屋は建築年代が文政10年(1827)頃で、能登の大工によって建てられたもの。その後一度改築されて150年たった今も屋内は黒光りし、外観もどっしりとした威容を誇っています。

1階部分は居住、2〜4層は養蚕スペースとなっており、床下では火薬の原料となる焔硝づくりが明治20年まで行われていました。

なお、この集落は耕地となる平地に恵まれず分家することが容易ではなかったため、大家族形態の家族構成だったといわれています。この合掌家屋から当時を偲ぶことができます。

利用案内

名称 旧遠山家民俗館(きゅうとおやまけみんぞくかん)
所在地 岐阜県大野郡白川村御母衣125(Googleマップ)
ルート 「村営せせらぎ公園駐車場」から旧遠山家民俗館へ向うルート。(Googleマップ)
営業時間
•10:00~16:00

定休日
•水曜(祝日の場合は前日休)
•年末年始

入館料
•[一般個人]大人:300円/小人:150円
•[一般団体(25名以上)]大人:240円/小人:120円

補足
国指定重要文化財

※上記は参考情報です。最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

旧遠山家民俗館 [ きゅうとおやまけみんぞくかん]

国内旅行や宿・ホテルの宿泊予約は じゃらんnet

白川郷への旅行プランを立てるならじゃらんnet。白川郷のおすすめ観光地・イベント・ご当地グルメから季節の旬情報まで様々な旅行情報をご紹介。旅行者の口コミも充実。 国内最大級の旅行情報であなたの旅行をサポート。旅行ならじゃらんnet。
白川郷の旅行ガイド
岐阜県の白川郷エリアは、庄川流域に伝統的な合掌造りが数多く並ぶ集落。建物は現在でも民家や民宿として生活に用いられ、白山山麓の自然とも相まってユネスコの世界遺産に登録されている。荻町城跡から一望できるその景観は、毎年2月ごろの週末にはライトアップされとても幻想的。秋には紅葉も美しく、多くの人が旅行に訪れる。国指定重要文化財の和田家、明善寺郷土館&寺院、白川郷の湯など、日本の故郷ともいえる風景をゆったり味わいたい。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事